北極と氷

氷が消える?北極海の異変!

北極 氷北極海が減っている。NASAが昨年公表した衛生画像を見ると、これまで夏でもに覆われていたアラスカ沖にのない海が広がっています。2040年夏には北極海の氷が消えると予測されており、世界の気候学者が組織する気候変動に関する政府間パネル(IPCC)も今世紀後半にはがなくなる可能性を指摘しました。いったい北極海でなにがおこっているのでしょうか?





北極海の気温の上昇

北極海 気温上昇

北極では気温の上昇傾向も観測されていて、海氷減少が温暖化をさたに加速するのでは、という懸念がなされています。

北極は南極とともに地球大気の冷却器の働きを担っているといわれています。赤道付近で暖まった空気は南北の極に流れてきて冷やされます。大気は地球上を大きく流れ循環し、世界の気候を一定の範囲内に安定させています。冷却器の機能がなされなければ、気候が大きく変化します。