かき氷について

かき氷とは

かき氷 氷菓かき氷とはを細かく雪状に削ってシロップをかけたり、さらにはトッピングを盛り付けたりして、自分でも楽しんで食べることのできる氷菓です。日本の夏の風物詩とも言える氷菓です。シロップとしてはイチゴ・メロン・レモン・みぞれが代表的で、トッピングとしてはコンデンスミルク・餡などがあり、組み合わせによってはさまざまなバリエーションが楽しめる氷菓です。

そば屋でもコンビニエンスストアでも、かき氷を売っているお店には、と書かれたのぼりが出ています。こののぼりが出ていると夏を感じたくて、つい注文をしてしまいます。お祭りでは綿あめ・焼きそば・金魚すくいなどとともに、かき氷も欠かすことの出来ない露店のひとつといえます。



かき氷の種類

かき氷 かき氷は多岐にわたっており、地域によっても呼び方や盛り付け方が異なっています。日本における代表的な かき氷の種類は以下のとおりです。

◆イチゴシロップ・メロンシロップ・レモンシロップ
イチゴシロップは赤、メロンシロップは緑、レモンシロップは黄色のシロップです。香料や着色料の違いだけで基本的には同じ成分のシロップです。中には果肉が入ったものも存在するそうです。

◆ブルーハワイ
青い色のシロップです。カクテルのブルーハワイをイメージする かき氷のシロップです。ファミリーレストランなどではトロピカルフルーツを盛る商品が見受けられます。

◆みぞれ
砂糖水。水と砂糖を煮詰めて出来たガムシロップをかけたものを言う。地方によって呼び方が異なり、「水(すい)」・「氷水(こおりすい)」「せんじ」と呼ばれることもある。

◆レインボー
いろいろな色のシロップをかけることにより、カラフルな見た目からレインボーと名づけたようである。いろいろな色・味が楽しめるが、最後に残ったには想像もつかない色になるのが気になる・・・・

◆カルピス
カルピスなどの濃縮乳酸飲料をかけたもの。通常は水に薄めて飲むカルピスだが、かき氷にかけることにより水で薄めたときと同じような濃度になり、さっぱりした味わいが楽しめます。

◆コーヒー
濃くいれたコーヒーを かき氷にかけて食べる。ガムシロップや練乳とともにかけるが、ブラックのコーヒーがお好みの方はコーヒーのみでも楽しめます。

◆黒蜜
黒糖をお湯で溶かしたものをかけます。プリンのキャラメルのような味わいで かき氷が楽しめるシロップです。黒糖は体にも良いということですので、おすすめの一品です。

◆コンデンスミルク
練乳とも呼ばれています。これを単独でかけて かき氷を食べる方は少ないのではないでしょうか。主に他のシロップと併用してかけることが多いと思います。

◆アイスクリーム
アイスクリームの場合にも単独でのせて食べるということは少ないでしょう。他のシロップのかかったかき氷にトッピングとして乗せることのほうが多いようです。

◆宇治金時
抹茶・砂糖に水を加え泡立てたシロップをかき氷にかけて、あずきをのせたものです。つぶ餡とこし餡で、餡のかけかたに違いはあるようだが、個人のお好みでよいと思います。またこのシロップをみぞれにすると氷あずきというようになります。

◆あかふく氷
伊勢の夏の風物詩です。伊勢名物の赤福(餡と餅)に抹茶のシロップをかけた かき氷です。かき氷自体はボリュームがあり、また餅がおなかを膨らませますので食べ応えがあります。夏の暑い盛りには行列ができるほどの人気商品です。

◆しろくま
みかんやパイナップルなどの果物を盛り込み、あずきをのせて練乳をかけた かき氷。鹿児島県を中心とする南九州地域の名物かき氷です。コンビニやスーパー、通販でもこの盛り合わせのアイスが販売されています。

◆ハロハロ
餡・ナタデココ・アイスクリーム・果物など豊富なトッピングで盛り付けられた かき氷。コンビニエンスストアー「ミニストップ」でおなじみのかき氷です。


かき氷の作り方

かき氷 かき氷の作り方の一例を示しますが、これらシロップのかけ方や量は地域差があるので、ご了承ください。

あらかじめ かき氷を入れる器を冷凍庫などで冷却しておく。 器に かき氷器を用いてかきを若干載せ、シロップをレードル一杯分をかけます。 そして かき氷器を用いて かき氷を盛ります。この時、器は斜めに満遍なく回転させ山盛りになるように盛りつけるのがポイントです。 さらにシロップを1-2杯程度かけて、 各種盛りつける果物や添え物などのいわゆるトッピングを載せれば完成です。



かき氷の食べ方の違いについて

かき氷の食べ方には関東と関西で若干の違いがあるようです。関東では器にシロップを入れておき、上からを削っていきます。の上方は白いままです。関西ではの山の上からシロップをかけるそうです。この違いは「白いにシロップが下から染みてくる『間』を待つヤセガマンが江戸の粋に対してまず損得を考える商いの町、大阪ではすぐ美味しい合理性を取る」などという考え方もあるそうです。

        

宇治金時やフラッペなど様々なバリエーションがありますが、九州南部の「白熊」は有名な かき氷です。
そのボリュームとデコレーションは豪快で修学旅行生にも大人気な かき氷です。特製ミルクやシロップがかかり、アンジェリカに干しブドウ、バナナ、チェリー、パインなどのフルーツや寒天がどっさりはいっています。「白熊」の名の由来は白いに乗った干しブドウが白熊の顔のように見えたからという説があるそうですが・・・・。かき氷にもいろいろな地方色があるようですね。

しかし近年、このような地方色がなくなりつつあるようです。交通網の発達や全国チェーン店の展開などにより、地方の文化・特色が全国区になるスピードが速くなってきているからと思われます。いい例が「恵方巻き」である。関東では馴染みのない習慣でありました。関西を中心に伝統化していた文化だが、CVSの大手チェーンがこぞって積極的に展開したため、節分の全国区になったと推測されます。
かき氷にも同じような傾向が出てきていると思われます。