家庭でできる、おいしい氷の作り方

other2-505.jpg
氷はコンビニでも買うことのできるものですが
一昔前は氷屋さんがあり、店内をのぞいてみると透明でキレイな氷を見ることができました。

氷屋さんの氷は本当にきれいで透明で、溶けにくいという感じがしますが
それ以上においしい氷というイメージのほうが大きいです。

そんなおいしい氷の作り方を知っている氷屋さんのおいしい氷の作り方は、「塩水で水を冷やして氷を作る」ということだそうです。氷屋さんでは、マイナス9度という冷たい温度のとても濃い塩水で、容器に入れた水を冷やして氷を作っているそうです。また、それだけではなく、50時間かけてゆっくりと均等に冷やしているそうです。

ではコンビニなどで売ってるような、固くて溶けにくいおいしい氷って作る事はできるのでしょうか?

結論からいえば、家庭でおいしい氷を作ることはむずかしいといえます。家庭の冷凍庫の温度はマイナス20度。冷凍庫では急激に冷えてしまうので水の分子が安定せず、ミネラルなどの不純物・空気・塩素ガスも混ざるため、不味くて白っぽい氷ができてしまうからです。

しかし、氷は水が冷えて固まっただけのものですが、作り方によって味や色が違います。家庭の冷凍庫で作った氷は「まずい」「遅い」「溶けやすい」というイメージですが、ちょっとした工夫をするだけで家庭でも「おいしい」「速い」「溶けにくい」氷を作ることは可能です!

家庭でできる、おいしい氷の作り方はゆっくり凍らせるのがコツ!ゆっくり凍らせた結晶の大きい氷が溶けにくいおいしい氷になります。ゆっくりと凍らせたものは、溶けにくく長持ちします。

たとえば、製氷器をポリエチレン袋に入れてから、タオルを巻いて冷凍庫へ入れ、通常より1時間ほど凍るのが遅くなりますが、こうすることによって不純物が中心に集まり、外は透明でおいしい氷ができあがります。通常よりも、1時間多くかかりますが、透明でおいしい氷を作ることができます。

どんな方法でもいいのですが、とにかくゆっくりと冷やすことが大切なので、タオルで巻いたり、ダンボールを加工して製氷機を覆ったりと工夫すればおいしい氷の作り方はたくさんあると思います。