かき氷の種類

かき氷

かき氷は多岐にわたっており、地域によっても呼び方や盛り付け方が異なっています。日本における代表的な かき氷の種類は以下のとおりです。

◆イチゴシロップ・メロンシロップ・レモンシロップ
イチゴシロップは赤、メロンシロップは緑、レモンシロップは黄色のシロップです。香料や着色料の違いだけで基本的には同じ成分のシロップです。中には果肉が入ったものも存在するそうです。

◆ブルーハワイ
青い色のシロップです。カクテルのブルーハワイをイメージする かき氷のシロップです。ファミリーレストランなどではトロピカルフルーツを盛る商品が見受けられます。

◆みぞれ
砂糖水。水と砂糖を煮詰めて出来たガムシロップをかけたものを言う。地方によって呼び方が異なり、「水(すい)」・「氷水(こおりすい)」「せんじ」と呼ばれることもある。

◆レインボー
いろいろな色のシロップをかけることにより、カラフルな見た目からレインボーと名づけたようである。いろいろな色・味が楽しめるが、最後に残ったには想像もつかない色になるのが気になる・・・・

◆カルピス
カルピスなどの濃縮乳酸飲料をかけたもの。通常は水に薄めて飲むカルピスだが、かき氷にかけることにより水で薄めたときと同じような濃度になり、さっぱりした味わいが楽しめます。

◆コーヒー
濃くいれたコーヒーを かき氷にかけて食べる。ガムシロップや練乳とともにかけるが、ブラックのコーヒーがお好みの方はコーヒーのみでも楽しめます。

◆黒蜜
黒糖をお湯で溶かしたものをかけます。プリンのキャラメルのような味わいで かき氷が楽しめるシロップです。黒糖は体にも良いということですので、おすすめの一品です。

◆コンデンスミルク
練乳とも呼ばれています。これを単独でかけて かき氷を食べる方は少ないのではないでしょうか。主に他のシロップと併用してかけることが多いと思います。

◆アイスクリーム
アイスクリームの場合にも単独でのせて食べるということは少ないでしょう。他のシロップのかかったかき氷にトッピングとして乗せることのほうが多いようです。

◆宇治金時
抹茶・砂糖に水を加え泡立てたシロップをかき氷にかけて、あずきをのせたものです。つぶ餡とこし餡で、餡のかけかたに違いはあるようだが、個人のお好みでよいと思います。またこのシロップをみぞれにすると氷あずきというようになります。

◆あかふく氷
伊勢の夏の風物詩です。伊勢名物の赤福(餡と餅)に抹茶のシロップをかけた かき氷です。かき氷自体はボリュームがあり、また餅がおなかを膨らませますので食べ応えがあります。夏の暑い盛りには行列ができるほどの人気商品です。

◆しろくま
みかんやパイナップルなどの果物を盛り込み、あずきをのせて練乳をかけた かき氷。鹿児島県を中心とする南九州地域の名物かき氷です。コンビニやスーパー、通販でもこの盛り合わせのアイスが販売されています。

◆ハロハロ
餡・ナタデココ・アイスクリーム・果物など豊富なトッピングで盛り付けられた かき氷。コンビニエンスストアー「ミニストップ」でおなじみのかき氷です。