庶民が食べていた氷

かき氷

古代から近世にかけて献納品として一部の貴族や上流階級のみしか利用が出来なかったも、江戸時代、の保存がきく雪国の方では、夏に庶民にも売られていました。

しかし雪国から遠く離れた場所の江戸の庶民にとっては、は大変珍しくなかなか口にすることの出来ない高級品だったといわれています。