氷の日

氷の日

古代中国には、、国王の食や酒や水など身の回りのこといっさいを司る天官という国家制度の仕組みがありました。この仕組みのなかに、「蔵氷」と「賜氷」という、を冬に作り、氷室に蓄えておき、夏に蔵から取りだし利用する凌人(りょうじん)という部署があったことが知られています。